【これが投資の第一歩】アメリカの証券会社の口座を2つ開設

証券口座開設

アメリカ株やETFに投資する為、アメリカの証券会社の口座を開設しました。
駐在4年目に突入して、ようやくの開設ということでかなり遅くなってしまいました。
これまでは大半は預金金利2%超のセービング口座でノーリスクお小遣い稼ぎをしつつ、ロボアド投資に一部の資金を振り分けていましたが、ついに決断しました。
本記事では、私が口座を開設した2つの証券会社を紹介します。

証券口座開設時に重視したこと

主に重要視したのは以下の3点です。

  1. 手数料が安い
  2. オンラインで取引
  3. 駐在を終え、米国外でも口座を継続可能

1,2は当然重要ですが、駐在員という立場上、3がかなり重要でした。
なぜなら、いつ本帰国や他国への駐在という辞令が出るかもわからない中、継続不可の場合、望まぬタイミングでの決済(場合によっては、損切り)を強いられるのは投資として非常に危険だからです

網羅的にすべての証券会社を調査していませんが、ネットでの経験談も拾いながら以下の2つの証券会社の口座を開設しました。

Good News!
2019年10月にCharles Schwab証券が株式取引の手数料無料化を発表しました(2019年10月7日よりスタート)。

そして、E-TradeやTD Ameritrade等、他のオンライン証券会社も追随して手数料無料化を発表しました。

アメリカにおける株取引は、”手数料無料”がスタンダードとなったと言えるでしょう!

Charles Schwab証券(以下、シュワブ証券)

会社概要
  • 1985年創業の老舗オンライン証券
  • 本社はカルフォルニア州サンフランシスコ
  • ニューヨーク証券取引所上場(ティッカー:SHWB)
  • 開設された証券口座数は、約11百万と米国内の証券会社で最大規模の一つ
  • 傘下に銀行も持ち、口座連携が可能
  • 株式の取引手数料は一取引あたり4.95ドル2019年10月7日より株式取引の手数料無料
  • 自社の22のETFやその他500のETFの取引手数料が無料
  • シュワブ証券のウェブサイトはこちら

株式の取引手数料は最安値というわけではありませんが、老舗オンライン証券の安心感やETFは手数料無料が多いことに加え、以下の点でこの口座を最初に開設しました。

  1. 米国外でも口座の維持、使用が可能

    前の段落で挙げた重要ポイントの一つです。
    Form W-8BENという書類を証券会社に提出することで、米国外でも継続使用可能とのことでした。
    (これを提出すると、配当金に対して10%源泉徴収され、その後の日本での確定申告でさらに課税され、二重課税されるので、米国での源泉徴収分につき税額控除を受ける為の  Form1042S という書類を米国の証券会社から受け取ることも必要になります。)
    尚、証券会社のHP上では記載がなく、問い合わせベースでの回答です。
  2. シュワブ証券傘下の銀行口座のメリット

    シュワブ証券口座を持っていると High Yield Investor Savings という銀行口座を開設することが可能です。
    口座維持手数料無料、最低預入金ゼロなうえ、この口座を保有していると、 Schwab Bank Visa® Platinum Debit Cardというデビットカードが発行可能で、これに魅力を感じました。
    尚、預金金利水準は年率0.35%(2019年8月24日時点)で、大手行よりは高いですが、私が使用しているオンラインのセービング口座の2%以上の預金金利には大きく劣後する点はイマイチですが。

シュワブのデビットカード
  • 世界中のATMで現地通貨に両替して引き出しが可能
  • 現地通貨への両替手数料無料
  • ATM手数料も無料(一旦引き落とされるが、後日返金)

余ったドルをこの口座に預けておけば、証券口座で活用したり、現金として引き出したり、フレキシブルに資金を使用できる点が魅力的でした。

 

同社の証券口座を紹介リンク経由で開設し、1000ドルを口座に45日間維持すると100ドルの口座開設ボーナスがもらえます。

お申し込みは以下からどうぞ。

Firstrade証券

2018年から株式、ETF取引の手数料を無料化している証券会社です。

2019年10月に他のオンライン証券がこぞって無料化に舵を切りましたが、手数料無料に関してはこちらがパイオニアであり、今後も他の証券会社に比べてお得なサービスを先駆的にやってくれるのではないかと期待を頂いています。

会社概要
  • 1971年創業のオンライン証券口座
  • 本社はニューヨーク州フラッシング
  • John Liu氏が創業者で中国語での取引サイトやコールセンターを備えています。(本社所在地のフラッシングは巨大なチャイナタウンがあるので、本社所在地を見た時に中華系かなって思ってたら案の定でした)
  • ”Lower cost, higher standards”を掲げており、2018年4月にETF取引の取引手数料無料化、2018年8月23日に株式の取引手数料を無料化しました。
  • Firstradeのウェブサイトはこちら

米国外でも利用可能という条件も満たしていました。

馬之助
最近、紹介リンク経由の口座開設で面白い取り組みを始めたみたいです。

紹介リンクで口座開設した人に100の会社の中からいずれか1つの会社の株を1株もらえるようです。

候補の中には、AppleやFacebookもあり、良い株がもらえたらラッキーです。

尚、このボーナスでもらえた1株を売却した際には、

ボーナスでもらった時の株価分がその他収入、もらった時の株価と売却時の価格の差が株式売却損益になるそうです。

 

その他の証券会社について

以下の3つの証券会社も手数料が2019年より無料化されました。

TD Ameritrade

E*TRADE

Interactive Brokers

これらの証券会社がアメリカ国外でも証券口座を継続使用可能かどうかは未確認です。

米国証券会社の継続利用時のデメリット

米国証券口座を日本等、米国外に移り住んだ後も使用することにはデメリットもあります。

  1. 確定申告が面倒

    特定口座の源泉徴収という仕組みがないので、自分で確定申告する必要があります。
    またドルでの決済の為、確定申告の際に、自分で取引データから円貨換算する必要があります。

  2. 損失の繰り越しができない

    海外証券口座では、発生した損失を翌年度以降に繰り越すことができません。

  3. 日本語対応なし

    ウェブサイトも問い合わせも日本語はありませんので、何か確認したいことがあったり、トラブルがあった際には日本の証券会社よりはやり取りが面倒くさそうです。

これで、アメリカの証券口座を開設し、いつでも売買できる状態になりました。

景気後退懸念等、先行きは不透明な状態ですが、現物株を中心にしていく為、余裕資金で資金を突っ込みすぎず、色々と試していきたいと思います。

2019年8月に2つの銘柄を実際に買い増したが、いざ株式を購入するとなると、この銘柄でいいのか???本当にこの価格でいいのか???待てばもう少し下がるのでは???などと悩み悶々とします。

以下で、米株デビューとして2つの銘柄を購入した理由をまとめてみましたので、宜しければお読みください。

証券口座開設

【米国個別株投資デビュー②】私がJohnson&Johnsonの株式を購入した3つの理由

2019-09-22
証券口座開設

【米国個別株投資デビュー①】私がDucuSign Inc.の株式を購入した3つの理由

2019-09-18

その後、銘柄分析をブログで書き始めました。

理由は、「人に見せるものの方が、じっくりしっかり真剣に分析する」からです。

ウォルト・ディズニーとコムキャストについてよければお読みください。

米国株銘柄分析シリーズ第1弾【DIS】ウォルト・ディズニー・カンパニー 超巨大エンターテイメント帝国に潜む3つの不安要素とは?

2019-09-29
コムキャスト、ユニバーサルスタジオ

米国株銘柄分析シリーズ第2弾【CMCSA】コムキャスト ユニバーサルスタジオも運営するコムキャストはウォルト・ディズニーを上回るメディア・通信・テーマパーク運営のコングロマリット

2019-10-05

 

馬之助
お読みいただきありがとうございました。

当記事が参考になった方、Betmob(個人投資家ブログまとめサイト/アプリ)のバナーのクリックをお願いします。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です