【本帰国でやること④】Charles Schwab証券の日本継続利用手続き

本帰国にあたってやること第4弾、Charles Schwab証券の継続利用手続きについてご紹介します。

Charles Schwab証券については当ブログで一番読まれている以下の記事でも紹介していますが、今回は日本に本帰国した後の手続きについて解説します。

証券口座開設

【これが投資の第一歩】アメリカの証券会社の口座を2つ開設

2019-08-28

手順①手続きの確認

Charles Schwab証券のウェブサイトには日本に本帰国した際に何をどうすれば良いかという説明は一切ありません。

その為、まずはオンラインチャットで手続きの確認を試みました。

馬之助
先月、日本に引っ越したけど、継続利用するためにどのような手続きが必要ですか?

と聞いたら、返答としては3つのことを告げられました。

  • Charles Schwab証券のInternationalアカウントにアカウントタイプを変更すれば、継続利用可能。
  • Internationalアカウントに変更すると今、保有しているCheking口座は自動的に閉鎖される。
  • どんな形式でもよいので、あなたが引っ越したこと、Internationalアカウントに変えたいことを依頼するレターを作成し、Message Centerでアップロードして。

手順②レターの提出、レスポンス待ち

言われた通りのレターを作成してみます。

こんなもんでいいのかなぁと思いながら、作ったのは以下のようなレター。

このPDFをメッセージ機能からアップロードしました。

この次のCharles Schwab証券からのレスポンスはだいぶ日にちが経ってからでした。

当時は本帰国後の荷物整理や生活基盤の整備で慌ただしい毎日を過ごしておりまた時差もあって米国株を夜遅くに気にしている余裕もなく、相場から離れていたのでこちらもレスポンス来ても放置してしまってました。レスポンスが来ていたのは、こちらがレターをアップロードしてから19日後でした。

手順③書類提出

Charles Schwab証券のメッセージには、添付ファイルが一つあり、以下の2つをメッセージ機能でアップロードするようにとの指示でした。

①の中を見ると、さらにSubstitute Form W-8BENが提出物の一つとして書かれていました。Charles Schwab証券からのメッセージには添付されていませんでしたが、「W8 BEN Charles Schwab」とかでググると、Substitute Form W-8BENのPDFファイルが出てきました。

他に水道光熱費の請求書も添付せよとあり、日本語だけど読めるのだろうかと思いましたが、それも提出しました。

従い、合計5つのPDFファイルを提出しました。

  1. パスポートの顔写真やサイン含むページ
  2. パスポートの住所のページ
  3. 記入したUpdate Your Schwab One International Accountファイル
  4. 記入したSubstitute Form W-8BENファイル
  5. 電気料金の請求書
馬之助
Substitute Form W-8BENの記入には先人の力をお借りしました。「W8 BEN 書き方」とかでググったら出てくるブログ、例えばこちらを参考にしました。

手順③手続き完了連絡

出すもの出したら後は待つだけでした。

こちらが資料を提出して18日後にEメールが来ました。

そこには、マイページにログインしてStatementのページに進むとレターがありますとのコメント。

そこでアクセスすると、以下画面の通りAccount Verificationというレターがありました。

このレターを開くと、アカウントがちゃんと切り替わり、住所や電話番号も日本のものになっていることが確認できました。

 

また、手続き完了後の配当金受け取りを見ると、源泉徴収が10%引かれていることが確認できました。
米国居住の時は源泉徴収はナシ、また居住国が変わりW8-BENを提出していないと源泉徴収率は30%となるので、源泉徴収率が10%ということは、W8-BENによる税務面の手続きが無事に完了していることの証明になります。

馬之助
色んな書類を提出する面倒くささはありましたが、こんな風にしっかりやってくれると安心感があります。

 

マイル・ポイントで生活を豊かに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です