【毎月27,500円自動積立2年1カ月目】海外株式インデックスファンドに積立投資し続けた結果

積立

2018年1月以降、毎月27,500円をMSCI KOKUSAIに連動する運用成績を目指す外国株式型のインデックスファンドに積立投資しています。

(MSCI KOKUSAI: 日本を除く先進国株価を指数化したもの)

1月の積立で2年1カ月連続の積立てです。

毎月定額積立続けるとどのような運用成績となるのか?

インデックスファンドの積み立てに興味を持たれている方の参考になれば幸いです。

 

世界先進国株価指数(MSCI KOKUSAI)連動のインデックスファンド

私の投信は企業型確定拠出年金用の某大手銀行の海外株式インデックスファンドですが、同様にMSCI KOKUSAIに連動した運用成績を目指す投資信託としては、以下のものがあります。

これらは一般的な投資信託の為、企業確定拠出年金に加入していなくても購入できます。

MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信 三菱UFJ投信

上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)  日興アセットマネジメント

他にも積立NISA対応で人気の投信 eMaxis Slim(イーマクシス)シリーズにも eMAXIS Slim 先進国株式インデックス が同様のものです。

これらのインデックスファンドは、米国のみに投資するVOOやVYM、SPYD等と異なり、日本を除く他の先進国にも投資することでより分散を図っているものです。

馬之助
GAFAが上位に並んでいるので、間接的にGAFA全てに投資できていることになります。また米国株投資で人気のVISAやマイクロソフトの他、日本から株式投資では投資できないスイスのネスレも10位に入っているのが特徴です。

 

運用成績(1月末)

評価額は786,153円(積立金額687,500円) 含み益は、 +98,653円 になりました。

1月後半のコロナウイルスの件で株式市場が下落しましたが、何とか前月比でも含み益は増えました(前月末含み益95600円)。

2018年1月の初回入金来の利回りは11.37です。

馬之助
コロナウイルス関連で株式市場が今後低迷するかもしれませんが、ドルコスト平均法に基づき、淡々と積立を続けていきます。
鹿氏
むしろ企業DCのゴールは65歳とかになってからなので、今仕込んでいく分には株価は低迷してくれて全然OK。

 

インデックスファンドの積立投資をいつから始めるか悩まれている方へ

積立投資を考えているけど、いつから始めようか悩まれている方へ。

ご参考までに以下の記事をどうぞお読みください。

【インデックスファンドの定額積立はどんな状況でも本当に続けるべきなのか?】S&P500の20年のデータからその答えを導き出しました!!

また読者の方が米国在住の場合、米国証券口座の開設による米国株投資等で資産形成されることも選択肢の一つです。

以下の記事もお読みいただけると幸いです。

【必見まとめ記事】アメリカ駐在員ができる8つの投資・資産運用手段

2019-09-14
証券口座開設

【これが投資の第一歩】アメリカの証券会社の口座を2つ開設

2019-08-28
 

 

企業DCは米国駐在中も継続可能です。

企業DCに関する説明記事もお読みください。

積立

【海外駐在員も運用可能】企業型確定拠出年金を駐在員目線で解説①

2019-08-18

積立

【海外駐在員も運用可能】企業型確定拠出年金を駐在員目線で解説②

2019-08-20

 

マイル・ポイントで生活を豊かに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です