【必見】押さえておくべきクレジットカード申し込みのルール

クレジットカードは、カード会社によってルールや審査の通りやすさが異なりますので、これらを意識して効率的に申し込んでいきましょう。

(10月18日追記)

Bank of Americaの新ルールが判明したので、内容を追記しました。

America Express

  • 審査は緩い
  • 魅力的なカード豊富
  • 4/5/6ルールと呼ばれるカード保持枚数制限(ビジネスカード、個人カード合計)がある。

    人によって、4枚、5枚、6枚と制限される枚数が異なるが、5枚が多いと言われている。

    尚、チャージカード(以下、一覧)はこの枚数の対象制限外。

  • カード作成ボーナスはカード1種類あたり1度だけしかもらえない。
チャージカード一覧
Green, Gold, Platinum, Platinum co-branded (Charles Schwab, Ameriprise, Mercedes-Benz, Goldman Sachs, Morgan Stanley), Business Green, Business Gold, Business Platinum 

Chase

  • 審査は厳しめ

  • 魅力的なカード豊富

  • 過去24ヶ月で他社含めて5枚以上カードを新規作成していると、新たなカード発行は100%拒否されるという陸マイラー泣かせなのルールあり(5/24ルール)

  • カード作成ボーナスは同じカードでも一定年数経てば、再度もらうことが可能

 

Citibank

  • 審査は普通
  • 魅力的なカードは3種類くらいだが、アメリカン航空のAAdvantageカードで悪魔的な裏技があり、裏技利用が可能な限り、マイル・ポイントを貯める有用なウェポン
  • 作成できるカード枚数に制限なし
  •  8/65/95というルールがある。1週間に申請可能なカードは1枚、2か月間に申請可能なカードは2枚、ビジネスカードは3ヶ月の間に1枚しか申請不可というもの
  • カード作成ボーナスは24ヶ月経てば、同じカードの再作成でももらえる

 

Barclays

  • 審査は厳しい
  • 魅力的なカードは3種類ほど
  • Chaseと同じ5/24ルールがあるというネット情報あり

 

Bank of America

  • 審査は普通
  • 魅力的なカードはアラスカ航空マイルが貯まる、Alaska Airline Visa Credit Cardくらい
  • 独自ルールとして、2/3/4ルールという、承認されるカード枚数制限がある(2ヶ月間で2枚、12ヶ月間で3枚、24ヶ月間で4枚)
  • 2019年より2枚目作成時のサインアップボーナスは前のカードを解約後2年以上経ってからの申し込みのみというルールが導入されました。

以前にBank of Americaが新たなカードの制限ルールを導入したようであることを自身の経験から予想しました(以下の記事)。

【悲報】バンクオブアメリカのクレジットカード発行ルールが悪化!!?

2019-08-26

これに関して、詳細を以下説明します。

新ルールは「3/12」or「7/12」

「3/12」とは?

過去12カ月の間に他社発行分も含め3枚クレジットカードを発行していたら、新規のクレジットカードを申し込んでも却下されるというもの。

通常、このルールが課せられます。

「7/12」とは?

Bank of AmericaでCD(定期預金)を開設している場合、上記の3枚の制限が7枚に引き上げらます。

ネットの体験談では、1,000ドル、12カ月の定期預金で大丈夫だったと目にしました。

尚、CDの預入金額が250,000ドル以上の場合は、枚数制限が撤廃されるそうです。

コウテイくん
金額が高すぎる💦💦

 

また、ビジネスクレジットカードは2019年10月時点で、この「3/12」や「7/12」のルールの対象外です。

馬之助
いずれルールが厳しくなるだろうから、今のうちに作るが勝ちかも!?

 

もし、ゼロからカード申し込みをするなら

もし、私が過去に戻ってクレジットカード作成をやり直せるなら以下の順番で作成していきます。

  1. ANA USAカード(クレジットヒストリー構築)
  2. アメックス系を作成(審査が緩めの為)
  3. Chase計カードから欲しいものを3枚(5/24ルールに抵触するまで)

Chaseは魅力的なカードが多いうえ、5/24ルールがあるの優先してカードを作りたいのですが、審査は厳しめのため、2枚目は審査が緩くて魅力的なカードが多いAMEXにしています。

私の妻はアメックスのゴールド系カードが作れたタイミングでも、Chaseは審査で落ちました。

おすすめのカードは以下の記事で紹介していますので合わせてご読み下さい。

アメリカ、クレジットカード

【とにかく作ったらOK!】おすすめクレジットカード4選(年会費無料)

2019-05-25
アメリカ、クレジットカード

【ポイントがざくざく貯まる!】おすすめアメックスクレジットカード2選(年会費有料編)

2019-05-25

今はこのように考えがまとまっていますが、当時は手探りだったので、無用なカードも作ってしまいました。

その為、Chaseの5/24に対してカード枚数の余裕がなく、United航空のクレジットカードやHyattのクレジットカード(いずれもChaseが発行)を作れず、悔しい思いをしています。

Chaseの審査をクリアするために

Chase銀行の審査は厳しいと言われていますが、Chase銀行口座を開設し、使用していると銀行が貴方の情報・履歴を銀行が得られるため、審査が通りやすくなると言われています。

クレジットカードの作成を狙う方は、口座開設をおススメします。

以下からお申し込みし、口座開設ボーナスをゲットしてください。

 

馬之助
お読みいただきありがとうございました。