【毎月27,500円自動積立1年10カ月目】世界先進国株価指数(MSCI KOKUSAI)連動のインデックスファインドに積立投資し続けた結果

投資、資産運用

2018年1月以降、毎月27,500円をMSCI KOKUSAIに連動する運用成績を目指す外国株式型のインデックスファンドに積立投資しています。
(MSCI KOKUSAI: 日本を除く先進国株価を指数化したもの) 10月の積立で1年10カ月連続の積立てです。

馬之助
基本的にほったらかしです。

 

毎月定額積立続けるとどのような運用成績となるのか?

インデックスファンドの積み立てに興味を持たれている方の参考になれば幸いです。

世界先進国株価指数(MSCIKOKUSAI)連動のインデックスファンド

私の投信は企業型確定拠出年金用の某大手銀行の海外株式インデックスファンドですが、同様にMSCI KOKUSAIに連動した運用成績を目指す投資信託としては、以下の2つがあります。 これらは通常のETFの為、企業確定拠出年金に加入していなくても購入できます。

MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信 三菱UFJ投信 上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI)  日興アセットマネジメント

他にも積立NISA対応で人気の投信

eMaxis Slim(イーマクシス)シリーズにも

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

が同様のものです。

馬之助
この投信は投信ブロガーに大人気のシリーズみたい!!

  これらのインデックスファンドは、米国のみに投資するVOOやVYM、SPYD等と異なり、日本を除く他の先進国にも投資することでより分散を図っているものです。

いわとびセンセイ
アメリカ株の時価総額が大きいので、60%以上がアメリカへの投資。
馬之助
スイスのネスレが9位に入ってるね。

運用成績(10月末)

評価額は654,879円(積立金額605,000円)

含み益は、

+49,879円

になりました。

馬之助
爆上げ!!

10月中旬の米中貿易協議の部分合意報道や米国の消費所動向の好調さなどを背景に株価指数は上昇を続け、8月の急落を取り返して過去最高の含み益となりました。

2018年1月の初回入金来の利回りは7.85%となかなかいい数字です。

馬之助
今後、相場が落ち込もうが何があろうが、とにかく老後に向けて積立を続けていく方針です。

 

インデックスファンドの積立投資をいつから始めるか悩まれている方へ

積立投資を考えているけど、いつから始めようか悩まれている方へ。

ご参考までに以下の記事をどうぞお読みください。

ツイッターで多くの方に閲覧、リツイートして頂いた結果、当ブログ内のアクセスランキングで第1位になったものです。

【インデックスファンドの定額積立はどんな状況でも本当に続けるべきなのか?】S&P500の20年のデータからその答えを導き出しました!!

※投資は自己判断で

馬之助
米国株ポートフォリオを公開しだしたので、この運用成績も来月からはそちらにまとめようと思います。以下の記事も合わせてお読みください。

 

企業型確定拠出年金について

投資、資産運用

【海外駐在員も運用可能】企業型確定拠出年金を駐在員目線で解説①

2019-08-18
投資、資産運用

【海外駐在員も運用可能】企業型確定拠出年金を駐在員目線で解説②

2019-08-20

積立投資に関する検証

【インデックスファンドの最適な積立投資方法を検証】その結果は意外なものでした!!!

2019-10-19

【最適な積立投資方法とは】値動きの異なる3つの銘柄で検証してみた

2019-10-20

 

 

マイル・ポイントで生活を豊かに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です