NY駐在員の家計簿大公開!みんなが陸マイラー活動をすべきメリットを完全プライベートな数字から説明します!!

陸マイラー

「このクレジットカードがお得です!」、「ポイントが良く貯めるクレジットカードはこれです!」、そんな情報を目にしても、ちょっと気になっても、そのうち、すぅ~っと頭から抜けていき、結局行動に移していない方、いませんか?

米国でクレジットヒストリーがない時に作るANA USAカードやJAL USAカードをいつまでも使い続けている方、いませんか?

当ブログでも、「色々とお得なクレジットカードはxxxです。」、「今、キャンページでxxxカードがボーナス増量中です。」等と発信していますが、本記事で、お得なクレジットカードがどれほどのメリットをもたらしてくれるものなのか、まのすけ一家の完全プライベート情報である1年間の家計簿を元に具体的な数字を用いて説明します。

 

まのすけ一家の1年間の支出

まのすけ一家の1年間のカテゴリー別支出は以下の通りです。

カテゴリー年間支出
家賃、住居費用37,743ドル
Amazon10,603ドル
レストラン7,637ドル
その他飲食(デリバリー等)6,944ドル
スーパーマーケット6,784ドル
ショッピング5,917ドル
旅行5,000ドル
インターネット、電気代、他3,432ドル
病院、健康2,083ドル
バス、電車、通勤費1,441ドル
エンターテイメント1,403ドル
子供関連1,376ドル
その他支出8,409ドル
合計98,772ドル

まのすけ一家の家族構成は、まのすけ、妻、2歳児、0歳児の4人家族。

マンハッタン住まいで、家は、75平米くらいの1ベッドルームの間取り(リビングダイニングとベッドルーム1部屋)を賃貸で借りています。

鹿氏
昔、アメリカ人が日本の住宅を見てウサギ小屋って言った逸話があるけど、広さは日本並みだね。
馬之助
生活コストが高いので浪費はしないように気をつけています。

 

それでも年間の生活費は約1,000万円という結果に、、、(マンハッタン恐ろしい)

 

家計のカテゴリー別支出ですが、

家賃の次にAmazonが来たのには自分でもびっくりしました。

Amazonでの買い物が多い理由の一つとして、Amazon Prime Nowというオーガニック系スーパー「Whole Foods」の商品をネットで注文すると最短で当日に配達してくれるサービスを多用しているため、肉や魚、野菜等の食料品も頻繁にAmazonで購入していることが挙げられます。

馬之助
小さい子供が2人いる我が家の強い味方です。

 

尚、今回の家計の支出のデータはMintという無料家計簿アプリから取ってきました。

日本のマネーフォワードのようなものです。

【アメリカ生活便利アプリ紹介】家計管理アプリMint

2019-07-05

クレジットカードのポイントの貯まり方比較

上記の支出について一体何ポイント貯まるのかを計算してみようと思います。

比較に使用したクレジットカード

  1. ANA USAカード/JAL USAカード
    クレジットヒストリーが無くても作れるので、米国駐在員が最初に渡米してくる時に高頻度で作成されるカード。年会費70ドルで買い物1ドルあたり1マイルが付与。
  2. American Express Blue Business Plus(アメックスブルービジネスプラス)当ブログでおすすめしている年会費無料の超万能カードです。
    どんな支出でも1ドルあたり2ポイント付与。(※年間5万ドルまで)ポイントは、ANAマイルに1:1のレートで交換可能です。
    amex business blue

    【クレカレビュー】スーパー万能の年会費無料カードAmex Business Blue Plusはイチオシのクレジットカード

    2019-07-18
  3. American Express Gold Card (アメックスゴールドカード)
    当ブログでおすすめしている年会費有料のクレジットカードです。スーパーマーケット、レストランの支出で1ドルあたり4ポイント、航空券で1ドルあたり3ポイント、その他1ポイント付与される為、使い方次第ではポイントが大量に貯まります。ポイントは、ANAマイルに1:1のレートで交換可能です。年会費は250ドルしますが、エアラインクレジット等のベネフィットをフル活用すれば実質負担は30ドルだけで済みます。

    【クレカレビュー】American Express Gold Card

    2019-08-01
  4. Amazon Prime Visa Signatureカード
    Amazon Prime会員であれば、AmazonとWhole Foodsの買い物で1ドルあたり5ポイントが付与されます。但し、AmazonのリワードポイントはANAマイルには交換できませんが、比較を単純にするために1ポイント=1マイルとして扱って集計しています。
    amazon credit card

    【クレカレビュー】Amazon Prime Rewards Visa Signature Card

    2019-07-13

 

得られるポイント一覧

各カードの使用パターン別のマイル付与数は以下の通りです。

使用するカード貯まるマイル年会費
①ANA USAカード/JAL USAカード52,62070ドル
②アメックスビジネスブループラス102,6200ドル
③アメックスゴールドカード95,883250ドル(実質30ドル)
④ ②+③113,430250ドル(実質30ドル)
⑤ ②+③+Amazon Prime Visa Signatureカード170,891250ドル(実質30ドル)
馬之助
かなり差があるでしょ!?

 

①では5万マイルですが、これを②にするだけで倍の10万ポイント(=10万マイル)が貯まります。

しかも②では年会費も無料です。

日本↔北米のANAエコノミークラス特典航空券(往復)はレギュラーシーズンで5万マイルなので、①では一人分ですが、②にすると二人分をゲットできることになります。

 

③のゴールドカードは、②より低い結果になりました。

生鮮食品をスーパーマーケットではなくAmazonで購入していたり、旅行はマイル使用で航空券を購入していないので3%付与も活用できていないのが要因です。

特定のカテゴリーに対して高ポイント付与率のカードが自分に合っているか、支出を振り返るとよくわかりますね。

馬之助
ゴールドカードの3年目更新が1月にくるので、この分析してよかった。

 

④ ビジネスブルーとゴールドを合わせて使用するとよりポイントが多く付与されるので、カードを組み合わせてポイント付与率の良いとこ取りをするのはとっても大切です。

 

⑤ Amazonへの支出に使用するカードをAmazon Visa Signature カードに変えるとポイント付与がさらに爆発的に増加しました。

 

このように、複数枚のクレジットカードを組み合わせることで、お得にポイントをゲットできるようになります。

馬之助
複数枚のクレジットカードを持つのが面倒な方は、②のアメックスビジネスブループラスだけ持っておけばOK!

 

尚、各カテゴリーの支出による1ドルあたりのマイル付与数は以下となります。
※家賃はクレジットカードで支払っていないのでマイル付与0としています。

カテゴリー
家賃、住居費用00000
Amazon12125
レストラン12444
その他飲食(デリバリー等)12122
スーパーマーケット12444
ショッピング1212`2
旅行12122
インターネット、電気代、他12122
病院、健康12122
バス、電車、通勤費12122
エンターテイメント12122
子供関連12122
その他支出12122

 

Amex Business Blue Card(アメックスビジネスブループラス)について

これだけは作っておいたらと書いた②のビジネスブループラスカード、

2020年1月29日まで

通常1万ポイントのボーナスが1.5万ポイント(3か月で5,000ドル使用)に増量キャンペーン中です!

このボーナスは紹介リンク経由から限定です。

通常の申し込みではボーナスはもらえないので、ご興味ある方は以下の申し込みボタンからお申し込みください。

 

このクレジットカードはビジネスカードですが、個人でも簡単に作成できます。

creditcard

【誰でも申し込み可能】ビジネスクレジットカードのメリットと申込み方法

2019-07-11

 

馬之助
お読みいただきありがとうございました。

 

マイル・ポイントで生活を豊かに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です