【インデックスファンドの最適な積立投資方法を検証】その結果は意外なものでした!!!

インデックスファンドや株式の投資を通じて資産形成をする際の手法の一つに『定額の積立』があります。

定額の積立てはドルコスト平均法に基づいており、ドルコスト平均法は『負けづらい投資手法』と言われています。

例えば、

1000ドルを定期的に積み立てた場合、

株価が200ドルの時は、5株購入

株価が100ドルの時は、10株購入します。

結果、2,000ドルで15株購入するので、平均取得単価は133ドル

同じ金額で買い続けると株価が安い時に、多くの株式を購入することになるので、取得単価が自然と低くなることからです。

また、ドルコスト平均法は、自動的に定額を積み立てていく為、相場に一喜一憂しなくて良いというメリットがあります。

さて、この定額積立について、どのタイミングで積立るのが良いでしょうか。

毎月?隔週?それとも毎日?

例えば、米国株ブロガーのもみあげさんが【ポジションを持ちたい派】の投資家向けに毎日投資するという投資手法を提案されています。

(この場合は、定額ではなく1株ずつですが)

証券会社の手数料改定で少額でのETFや株式購入が可能となった今、柔軟な投資が可能になりましたが、果たしてどのように積み立てるのが最適なのか、インデックスファンドを例に検証してみました。

 

検証の前提条件

今回の検証では、S&P500への連動を目指す、バンガード社の『Vanguard S&P 500 ETF (VOO)』を選びました。

S&P500への連動を目指すETFは日本でも購入可能で、以下のような商品が出ています。

積立の条件
  1. 年間1万ドル
  2. 配当金は再投資
  3. 所得税や地方税は無視
  4. 市場のデータは2014年10月11日~2019年10月11日を使用

この条件で、『毎日積立』『隔週積立』『毎月積立』した場合のパフォーマンスを検証してみました。

 

S&P500の5年間の動き

検証期間のS&P500の5年チャートを参考情報として記載しておきます。

2015年後半や2018年は低迷している時期がありますが、右肩上がりの綺麗なチャートを描いていました。

検証結果

毎日積立、隔週積立、毎月積立した場合の投資金額、保有株数、評価額の推移は以下の通りです。

青色の投資額に対して、時価評価額が赤色となります。

また、VOO保有株数は黄色の棒グラフです。

いわとびセンセイ
あまり違いがわからんのだが・・・
馬之助
申し訳ないです💦

グラフはほとんど一緒に見えます。

そこで5年度のパフォーマンスを以下にまとめました。

配当は全て再投資しているので評価額と投資金額(配当は含んでいません)との差額が5年間の運用に対する利益となります。

積立方法によって、資金拠出のタイミングが異なるので、評価益の利益率に加えて、時間の概念も含んでいるIRRでの利回りも計算しました。

結果、毎日積立、隔週積立、毎月積立でほぼパフォーマンスは変わりませんでした!

毎月積立が一番良いパフォーマンスでしたが、僅差なので、誤差の範囲内と思います。

馬之助
個人的にはもう少し差がでるだろうと思っていたので、この結果は想定外でした。

 

米国高配当株に投資するバンガード社のETFであるVYMでも同様に検証してみましたが、結果は以下の通りで、VOOと同じく3つの積み立て方でパフォーマンスにあまり差はありませんでした

結論

VOOやVYMの2014年10月~2019年10月のデータを用いた検証という限定的な条件での結論ではありますが、

積立は毎日、隔週、毎月と変えてもほとんどパフォーマンスには影響を与えないことがわかりました。

その為、定額積立をする際、積立のスパンに関してはあまり気にする必要がないと言えるかと思います。

馬之助

投資の参考にしていただけると、嬉しいです。

今後、個別株についても検証してみたいと思っています。

投資関連の他の記事も合わせてお読みください。

 

個別株の最適な積立方の検証

【最適な積立投資方法とは】値動きの異なる3つの銘柄で検証してみた

2019-10-20

米国での証券口座開設(駐在終了後のアメリカ国外での継続使用が可能です)について

証券口座開設

【これが投資の第一歩】アメリカの証券会社の口座を2つ開設

2019-08-28

米国個別株を銘柄分析してみました

米国株銘柄分析シリーズ第1弾【DIS】ウォルト・ディズニー・カンパニー 超巨大エンターテイメント帝国に潜む3つの不安要素とは?

2019-09-29
コムキャスト、ユニバーサルスタジオ

米国株銘柄分析シリーズ第2弾【CMCSA】コムキャスト ユニバーサルスタジオも運営するコムキャストはウォルト・ディズニーを上回るメディア・通信・テーマパーク運営のコングロマリット

2019-10-05

駐在員ができる8つの投資手法をまとめています

【必見まとめ記事】アメリカ駐在員ができる8つの投資・資産運用手段

2019-09-14

配当再投資(DRIP)の4つのメリットとただ一つの注意点

証券口座開設

【福利を味方に資産を伸ばす】米国株投資のDRIP(配当再投資制度)が持つ4つのメリットとただ1つの注意点

2019-10-13

 

馬之助
当記事が参考になった方、Betmob(個人投資家ブログまとめサイト/アプリ)のバナーのクリックをお願いします。)

マイル・ポイントで生活を豊かに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です