将来に向けての資産形成の軌跡(2020年4月末)

投資

コロナウイルスによる株価大急落も半値戻しを達成。このまま回復へ向かうのか、それとも二番底を形成するのか、皆さん悩みながら株価を眺められているでしょうね。まのすけは、人々がもう二番底は来ないんじゃないのっと思った時に来るのでは!?のスタンスで、今は新規投資は小休止中です。

米国株

新規売買していないので、報告するのも恐縮ですが、定期的に報告することが大事なので、許して下さい。

先月と保有数は変わりませんが、含み損800ドルが含み益529ドルになりました。ナスダックを中心としたIT銘柄強すぎます。

売買はしてませんが、配当金として

AT&T 15.6ドル(正確には4月ではなく、5月1日入金)
Intuit 6.37ドル

が入金されました。

以前は、DRIP機能をONにして自動的に株を買い付けていましたが、株の売買手数料無料となった今の米国での株式投資インフラにおいては、勝手に高い値段で買い付けられるのは嫌だったのと、端株の存在があまり好きでなかったことから、3月に機能をOFFにしてキャッシュのまま保持しています。

二番底が来るのか、景気はどうなるのか、まだまだわかりませんが、自分の身近なところでは、あまり良いニュースは聞きませんし、自分のボーナスも下がるので、景気に対して楽観視はしていません。

馬之助
外出自粛、ワークフロムホームで日々の支出が減り、月次の収支は以前より貯金体質ですが、悲しいかなボーナス減を食らうので合計での年間貯蓄金額は下がるでしょう。

企業DC(インデックス毎月積立)

こちらは、何も考えず、毎月定額をMSCI KOKUSAI連動インデックスファンドに積立続けています。このブログを書いていなかったら、今の含み損益のチェックもしない。そんな老後に備えての実験です。

拠出額:770,000円
評価額:752,096円
評価損益:̠▲17,904円
初回来利回り:▲1.98%

先月末の評価損益▲117,258円、利回り▲17.34%という状態から一気に回復しました。まだ少し含み損という状態ですが、将来に向けて安く仕込むという点でいえば、暴落ウェルカムではあります(笑)

馬之助
お読みいただき、ありがとうございました。

マイル・ポイントで生活を豊かに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です