【クレカレビュー】Hilton Honors Business Card

Hilton hornors business card

ヒルトングループのポイント制度/ヒルトン・オナーズ・ポイントが貯まるクレジットカードは4種類あります。本記事ではビジネスクレジットカードであるHilton Honors Business Cardをレビューしました。

特徴

カード作成ボーナス:

通常100,000ポイント(4か月で5,000ドル使用)
プロモーションで過去最高は、130,000ポイント+週末(金・土・日)無料宿泊券付き、にボーナスアップしました(2019年8月28日まで)。

2019年8月28日以降は、125,000ポイントのプロモーション中です。

私は過去最高のキャンペーン中にカードを作成しました。

私の紹介リンクからのカード作成申し込みは以下からお進みください。

個人でもビジネスクレジットカードを作成可能です。
以下の記事で申請方法とビジネスカード作成のメリットを説明しています。

creditcard

【誰でも申し込み可能】ビジネスクレジットカードのメリットと申込み方法

2019-07-11

130,000ポイントあれば、ヒルトングループの最高級ブランド、ウォルドルフ=アストリアにも1泊することが可能です。

そして過去最高のプロモーションの際に付いている週末無料宿泊券は、ホテルのグレードを問いませんので、この券を使用しても最高級ブランドのホテルにも宿泊できるので、2泊分以上のベネフィットをクレジットカードを作成するだけで得ることができます。

年会費:95ドル
年会費はかかりますが、無料宿泊券他ベネフィットを考慮すると元は取れると思います。

ポイント付与:

ヒルトン系列12%
ガソリン&レストラン&スーパー6%
その他3%

一見するとポイント付与率が高く見えますが、ヒルトンポイントは見かけのポイント数が大きく、航空会社のマイルに換算すると見た目の1/3程度の価値になります。

従い、最もポイントが貯まる、ヒルトン系列の宿泊は12%÷3で4%程度と高いポイント付与率と言えます。

その他ベネフィット:

  • 為替手数料なし
  • ヒルトンホテルゴールドステータス(部屋の無料アップグレード、他)
  • 年間15,000ドルカード使用で週末無料宿泊券1枚、45,000ドル使用でもう1枚付与(カレンダーイヤーベース)
  • 年間40千ドルカード使用でヒルトンダイヤモンドステータス(最上位)付与
  • 世界1,000か所以上ある空港Priority Pass Loungeに10回入場可能

私の評価

  • 年会費95ドルかかるものの、ヒルトンホテル宿泊でのポイント付与率が高くゴールドステータスも付与されるので、旅行や出張でヒルトンを使う機会がある程度見込めベネフィットを上手く享受できる場合は、2年目以降も持ち続けて良いと考える。
  • ヒルトンホテル宿泊の高いポイント付与率に加えて、レストランやスーパーもそれなりに高いポイント付与率。
  • ミニマムスぺンドが4か月5000ドルと金額が大きいのが玉にキズ。
  • ヒルトンポイントは基本的にヒルトンで使用する以外はポイント効率が良くないので、ポイントでのホテル宿泊に魅力を感じるかどうかが重要。


ヒルトンのポイント制度は、以下で解説しているので合わせてお読みください。

ヒルトン

【徹底解説】ヒルトン・オナーズ・ポイントの貯め方と使い方

2019-08-09


また、ヒルトン系の年会費無料のクレジットカードについては、以下で紹介しています。

ヒルトンクレジットカード

【クレカレビュー】 Hilton Honors Card

2019-07-26

マイル・ポイントで生活を豊かに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です