【クレカレビュー】 Hilton Honors Card

ヒルトンクレジットカード

ヒルトングループのポイント制度/ヒルトン・オナーズ・ポイントが貯まるクレジットカードは4種類あります。本記事では年会費が無料で一番作りやすいHilton Honors Cardをレビューしました。

特徴

カード作成ボーナス:

50,000ポイント(3か月で1,000ドル使用)
プロモーションで最高100,000ポイントまでボーナスアップすることがあります。

私は過去最高のキャンペーン中にカードを作成したので、以下のアプリ画面の通り、カード作成して1,000ドル使用しただけで100,000ポイントをもらいました。

私の紹介リンクからのカード作成申し込みは以下からお進みください。

2019年8月28日までボーナスポイント90,000ポイントに増量中です。

100,000ポイントでホテル宿泊どれくらいできるのか、試しにハワイで検索してみました。

ヒルトングループの最高級ブランド、ウォルドルフ=アストリアリゾートが1泊95,000ポイント、中級ホテルのヒルトンガーデンインが1泊50,000ポイントという結果でした。

プロモーションで過去最高ボーナス期間にカードを作成できれば最高級ホテルに無料で宿泊できてしまいます。
100,000ポイントですと1泊分ですが、ご家族の方も作成すれば、2泊分はカバーできることになります。

年会費:無料

ポイント付与:

ヒルトン系列7%
ガソリン&レストラン&スーパー5%
その他3%

一見するとポイント付与率が高く見えますが、ヒルトンポイントは見かけのポイント数が大きく、航空会社のマイルに換算すると見た目の1/3程度の価値になります。

従い、最もポイントが貯まる、ヒルトン系列の宿泊で7%÷3で2%ちょっとのポイント付与率と言えます。

年会費無料のカードで、特定分野で2%、他が少なくとも1%以上のポイントが得られるのは、良い水準だと思います。

例えばマリオットが最近発行した年会費無料カードでは、ホテル宿泊で1%、それ以外は1%に満たないポイント付与率です(マリオットポイントも見た目の1/3程度に補正が必要)。
このカードについて知りたい方は、以下の記事を合わせてお読みください。

Marriott Bonvoy Bold

【ご注意下さい】クレカレビュー Marriott Bonvoy Bold Credit Cardをおすすめしない3つの理由

2019-06-17

その他:

為替手数料なし
ヒルトンホテルシルバーステータス(あまり価値なし)

私の評価

  • 年会費無料なので持っていて損はないカード。
  • 特にFICOスコアの構成要素にクレジットカードの保有年数があるので、更新時の年会費を気にする必要なく、長く保有し続けられるのは大きなメリットです。
  • ヒルトンに宿泊する機会が多くない方でも、ガソリン&レストラン&スーパーのポイント付与率5%(実質1.7%)で1%は超えており、通常使用でも悪くはない水準と言えます。

年会費無料のクレジットカードを検討中の方は、以下の記事を合わせてお読みください。

アメリカ、クレジットカード

【とにかく作ったらOK!】おすすめクレジットカード4選(年会費無料)

2019-05-25

マイル・ポイントで生活を豊かに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です