【過去最高!?50%ボーナス】マリオットのポイント購入ボーナス増量キャンペーン

マリオットがポイント購入時に50%ボーナスポイント付与するキャンペーンを実施中です(2020年3月25日まで)。

以前にマリオットポイント購入がアリか?ナシか?でマリオットポイントの購入の是非を検証しました。その際、2019年4月~の過去実施されたキャンペーンでのボーナスはいつも30%だったとお伝えしまたが、今回は50%です。

まのすけ自身が初のポイント購入を考えており、50%ボーナスでの購入検討結果をお伝えします。

50%ボーナスについて

2000ポイント以上のポイント購入からボーナスが適応されます。

2000ポイント+1000ポイント(ボーナス)=25ドル、つまり1ポイント=0.83セントです。

ポイントは最大50,000ポイントまで購入できるので、50,000+25,000=75,000ポイントで625ドルがMAXです。

 

カテゴリー8のホテルの場合

ポイントの価値は、どこのホテルで使用するかによって変わってきますが、総じてグレードの高いホテルの方が、ポイントでの宿泊のお得度が上がることが多いです。

そこで、マリオットホテルグループの最上級であるカテゴリー8のホテルで検証してみました。検索は、8月22日(土)~8月23日(日)の一泊で適応レートはスタンダードでした(マリオットはハイシーズン、スタンダード、ロウシーズンでポイント数が変わる)。

①リッツカールトン東京

85,000ポイントで1,067ドル=1.26セント(Win)

②リッツカールトン京都

85,000ポイントで823ドル=0.97セント(Win)

どちらの場合も、ポイント購入単価0.83セントよりポイントの使用価値が高かったので、ポイント購入はアリということになります。

 

カテゴリー7のホテルの場合

カテゴリーを1つ下げてみました。それでも対象ホテルはウェステインや大阪のリッツカールトンです。

①ウェスティン東京

70,000ポイントで435ドル=0.62セント(Lose)

②リッツカールトン大阪

70,000ポイントで497ドル=0.71セント(Lose)

どちらの場合も、ポイント購入単価0.83セントよりポイントの使用価値が低かったので、ポイント購入はナシということになります。

 

結論

マリオットの最上級グレードであるカテゴリー8のホテルに泊まるのであれば、50%増量時のポイント購入はアリという結果でした。

マリオットはポイントで4連泊すると5泊目無料という特典がありますので、それも組み合わせられればよりお得度が増します。ただ、カテゴリー8ともなれば、必要ポイント数を貯めるのも大変です。4泊分×85,000=340,000ポイントも必要です。

その点でもボーナスが多いときにはポイント購入して、ポイントを貯めていく、というやり方はアリだと言えますね。

 

マイル・ポイントで生活を豊かに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です