【アメリカ駐在旅行記】ディズニー・アニマルキングダムとシーワールド(2歳児、0歳児連れの初旅行)旅の振り返りと反省点編

4人家族での初めての旅行を終えました。

あらかじめ予想はしていましたが、子供が1人の時より大変でした。

実際の旅を振り返って、どういう点が良かったか、また次回への反省点は何だったかをまとめました。

総括コメント

いきなりですが、総括コメントから。

馬之助
2歳児と0歳児を連れての旅行は大変でしたが、行って良かったと思ってます。

 

子供がいると、旅行に行くタイミングに悩まれる方は多いと思います。

もう少し年齢が上がってからの方がいいんじゃないかとか。

いつから子供との旅行が楽になるのか、まだ先のことはわかりませんが、少なくとも今のところ、年齢が進む毎に負担は増しています💦

 

今回の旅行記事中で上の子がどうだったというのばっかりで下の子の話題がほとんど出してないんですが、なぜかというと、

0歳5ヶ月の赤ん坊を連れて行くのは、楽だったからです。

空腹による授乳とオムツ交換を除けば、素直に抱っこされてるか、ストローラーに乗ってるかしてくれてるので、ほとんど負担になりません。

 

今回初の4人家族旅行でしたが、3人家族時代には、

0歳5ヶ月 日本一時帰国

0歳8ヶ月 メキシコ カンクン

0歳10ヶ月 ボストン

1歳 日本一時帰国

1歳4ヶ月 マイアミ(ディズニークルーズ)

1歳8ヶ月 オーランド(ディズニーワールド)

1歳8ヶ月 日本一時帰国

 

に行きましたが、上の子の時も若ければ若いほど楽で、5か月時の日本一時帰国の時なんて、14時間のフライトも全然大変ではありませんでした。

それが成長していくにつれ、話したり、自分で歩いたり、楽になった部分もありますが、やりたいこと、食べたいもの、飲みたいもの、行きたいところ、という自分の要求が強く出るようになったので、大人が建てたスケジュールに沿って行動するのは一苦労でした。

馬之助
赤ちゃんの性格などにも寄りますが、うちの子での経験では、赤ん坊の時こそ旅行の負担は少ないので、旅行に行くべきです。

ホテルについて

予約編でも記載したように、ホテルは「シェラトンヴィスターナリゾート レイクブエナビスタ」というヴィラタイプのホテルに宿泊しました。

リビング・ダイニングと寝室が分かれており、リビング・ダイニングにはキッチン、大型冷蔵庫、4人がけ食卓があるだけでなく、洗濯乾燥機も付いていました。

この洗濯乾燥機が役立ちました。

洗濯を一回はするという想定で少し衣類を少なめにしてきましたが、洗濯乾燥機が部屋にある(別途料金もかからない)ので、毎日こまめに洗濯してました。

 

また、子供用のハイチェアやベビーベッドもお願いしたら用意してくれました。

 

施設内には、小型スーパーマーケット(スタバ併設)もあり、一度しか行きませんでしたが、豊富な種類の食品、飲料がありました。

カップ麺やレンジでチンするご飯なんかもありましたし、値段も高く感じませんでした。

 

今回はほぼ寝るだけしかしませんでしたが、テニスコート、プール、子供のプライヤードもあり、このホテル内だけでも1日過ごせるようになってます。

 

あと良かった点として、滞在の数日前にホテルのマネージャーからメールがありました。

何か希望があったら教えてくれと。

馬之助
うちは、2歳と0歳の子供がいるので、

・部屋は便利な立地がいい

・部屋はエレベーター不要な1階か、エレベーターにアクセスしやすい部屋がいい

・ベビーベッド借りたい

というのを伝えました。

 

スーパーマーケットがすぐ歩いていける位置の宿泊棟だったんですが、多分、子連れを配慮してくれたんだと思ってます。

まのすけ妻もこのホテルは気に入ったようでまた滞在したいというコメントが聞けて良かったです。

 

ホテルのマップはこちらです。

宿泊した棟は赤丸で印をつけた、CASCADESエリアの15番棟でした。

 

車について

普段車のない生活をしているので、レンタカーを借りた時のカーシート(チャイルドシート)をどこに設置するのか悩みました。

2歳の子と0歳の子の2人分。

0歳の子が泣いたりした時の対応を考えれば、後部座席に0歳とまのすけ妻、助手席に2歳という配置が理想的ですが、助手席に2歳の子を座らせると万一事故でエアバッグが作動すると窒息の危険があると聞いたことがあり、それも好ましくありません。

検討の結果、子供2人とも後部座席に座らせました。

これで特に問題はありませんでした。

1回あたりの乗車時間は大抵15分くらい、空港からと空港への移動の時のみ40分〜1時間という感じでしたが、

上の子:車に乗るのが楽しいのかご機嫌。もしくは寝ている。

下の子:泣くこともありましたが、車が走り出すと泣き止むことが多かったです。

馬之助
下の子は、信号待ちで止まると泣きだし、発車すると泣き止むのを繰り返してました。

 

飛行機について

この度一番の反省は、飛行機に関する準備不足です。

2歳の子供が膝上を卒業しましたが、離着陸のシートベルト着用サイン点灯時におとなしく座らせる対策を何もしてきませんでした。

持参したおもちゃは一個のみ。

次回の飛行機の搭乗時は、iPadに動画をいくつかダウンロードしておく必要がありそうです。

あと、子供用のヘッドフォンが必須でしょうか、、、

 

旅行当日編②に戻ります。

プラン検討・予約編①に戻ります。

馬之助
お読みいただき有難うございました。今回の旅行記はこれで終了です。他の駐在員旅行記もぜひお読みください。

 

【アメリカ駐在旅行記】妊婦と子連れでディズニーワールドの旅
【憧れのディズニークルーズ旅行】妊婦と子連れで行ってきた

 

マイル・ポイントで生活を豊かに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です