【憧れのディズニークルーズ旅行】妊婦と子連れで行ってきた①予約・準備編

ディズニークルーズ

アメリカ駐在というの地の利を活かして、フロリダのキーウェストやバハマ諸島を巡るディズニークルーズの旅に行ってきました。出港地がフロリダの為、ニューヨークからは3時間半程度のフライトで行けます。1歳4か月の息子に加え、妻は妊娠(つわり中)だったので、そういった点もふまえてディズニークルーズ旅行についてまとめました。

ディズニークルーズとは?

クルーズ船について

ディズニー・クルーズ・ライン(Disney Cruise Line 略称:DCL、ウォルトディズニー子会社)が運航するクルーズ船で、2019年9月現在、4隻の船が就航しています。

ディズニーマジック号:

1998年竣工の一番古い船ですが、2013年に船内がリニューアルされました。総トン数は83,338トン。ヨーロッパ、北欧クルーズ等、様々な航路を運航されている。

ディズニーワンダー号:

1999年竣工。総トン数83,338トン。アラスカやカルフォルニア航路をメインに運行。

ディズニードリーム号:

2010年竣工。総トン数129,690トン。メイン航路はバハマ諸島のクルーズ。

ディズニーファンタシー号

2012年竣工。総トン数129,960トン。メイン航路は、フロリダのポートカナベル港から西カリブ海か東カリブ海を巡る航路。一番最新の船の為、設備も充実。


ペン一家
もっと大きいサイズの船が2隻建造中らしいよ。

クルーズ旅行の概要

  • 食事は3食全て含まれるオールインクルーシブプランです。
    (アルコール及び大人専用レストランは追加料金発生)
  • ディナーはローテーション制の為、どのレストランに何日の何時に行くのか自動的に割り振られます。
  • 朝から晩まで、劇場での映画、ミュージカル、キャラクターグリーティングなどが開催されており、寄港地で降りなくても、楽しめます。
  • 基本的に夜に移動し、朝目的地に着くので、様々な土地や島に行くことができます。
    (長い移動の場合、1日中船の日もある)
  • プール、ウォータースライダー、バスケットボールコート、卓球台等のスポーツアクティビティの設備も充実。
  • プールは大人専用エリアもあるので、ディズニークルーズだからといって、子供向けだけというわけではありません。
  • 尚、旅のプログラムの中に、独身者が夜に集う出会いイベントもスケジュール表にありました(笑)
  • 子供向け託児所や子供向けプログラムがあります。

航路について

様々な航路があります。

  • バハマ諸島クルーズ
  • 西カリブ海クルーズ
  • 東カリブ海クルーズ
  • 北カリブ海クルーズ
  • バミューダクルーズ
  • 地中海クルーズ
  • カナダクルーズ
  • アラスカクルーズ
  • 北欧クルーズ
いわとびセンセイ
不定期でスターウォーズをコンセプトにしたクルーズも運行されています。
コウテイくん
ダースベーダ―やカイロレンに遭ったら小さい子はガチで泣くかも・・・

ニューヨーク発の航路もあり、乗ってみたいと思っていますが、航路が限られていることと、地理的にリゾートから距離が遠く移動だけの日が多いので早くリゾート気分を味わうならフロリダに飛ぶのが賢明な気がします。

詳細は、公式ウェブサイトをご覧ください。

予約方法

公式ウェブサイトの予約ページ(日本語なし)が一番安いと思います。

人数、日付、行先、出発地、船の種類を元に、どのようなクルーズプランがあるのか、検索することができます。

条件に合うプランを選択したら、客室タイプと客室の場所を選んで予約完了です。

船室は、以下の4種類があり、値段は窓のない内側ステートが最も安く、コンシェルジュ付が最も高いです。

  • 内側ステートルーム
  • 窓付きステートルーム
  • ベランダ付きステートルーム
  • コンシェルジェ付きステートルーム

客室の位置は、船首エリア、中央エリア、船尾エリアから選びます。

実際の予約内容

私が選んだのは、以下の航路でした。

1日目夕方:マイアミ発
2日目朝 :キーウェスト着
2日目夕方:キーウェスト発
3日目朝 :ナッソー(バハマ)着
3日目夜 :ナッソー(バハマ)発
4日目朝 :キャスタウェイケイ着
4日目夜 :キャスタウェイケイ発
5日目朝 :マイアミ着

運航は、ディズニーマジック号。

この航路にした理由は以下です。

  • 土日合わせて5日間の休暇を取る予定であった。
  • 当初は、クルーズ旅行ではなく、フロリダの先っちょのキーウェストに旅行することを検討していましたが、子供がいるとビーチでゆっくりというわけにもいかないので、キーウェスト含めて他の所にも船に乗っているだけで立ち寄れるこのクルーズ旅行に惹かれました。
  • 一日中移動という日がなく、効率的なプランであった。

客室は窓付きステートルームにしました。

バルコニー付きにも惹かれましたが、ハイハイやつかまり立ちを始めた小さな子供連れではバルコニーでゆっくりするなんてことはできそうにないですし、(万が一にもないとは思いますが)バルコニーから子供が転落とかのリスクを恐れました。

客室は以下のようなレイアウトで、バストイレは別なのが良かったです。

客室の位置は中央エリアにしました。

妻が船酔いしやすいので、ネットで情報を調べて揺れの少ない中央エリアにしました。

値段は合計で2600ドル程度。これに、レストランや部屋の清掃の方へのチップが別途旅の最後に発生します。

予約後にすること

ディズニークルーズウェブサイトのMy Pageから、旅行の前に以下を行っておく必用があります。

  • 各種アクティビティやオプショナルツアーの予約
    (寄港地でのオプショナルツアーや大人専用レストランPaloやRemyの予約、等)

    人気のものはすぐに予約が埋まりますので、できる限り早く行うことをお勧めします。

  • ローテーション・ダイニングでの希望時間帯の選択
    (17時45からの早い回か20時からの遅い回のいずれか)

    1歳4か月の子供がいるので17時45分にする必要がありました。
    クルーズプランの予約後にすぐ見た際は、早い時間は既に予約が埋まっており空きがなく、焦りましたが、何日か予約状況を見ていたら、空きが出て予約できました。

  • 空港から港へのバスの予約
    (※うちはUberを使用したので、バスは使用しませんでした。バスはUberの2倍でした。)


②に続く

ディズニークルーズ

【憧れのディズニークルーズ旅行】妊婦と子連れで行ってきた②小さい子連れのでの過ごし方・持ち物・寄港地編

2019-09-26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です