【旅のクオリティUP!】無料で世界1300か所の空港ラウンジに入れるプライオリティパスが付帯するクレジットカードをまとめました

空港ラウンジ

飛行機で旅行すると逃れられないのが、空港での待ち時間です。

空港カウンターでのチェックインや荷物の預け入れ、セキリティゲートの通過等、混雑するリスクも考えると早めに空港に到着せざるを得ず、待ち時間はほぼ間違いなく発生してしまいます。

こんな時に空港ラウンジを使用できる(しかも費用負担なく)と、旅のクオリティが一気に上がります。

2019年12月の家族旅行でクレジットカードの特典『プライオリティパス』を使用してラウンジを使用してみたので、『プライオリティパス』が入手できるクレジットカードの情報と共に、紹介したいと思います。

プライオリティパス(Priority Pass)とは?

  • 世界148か国、600を超える都市の1300か所以上のラウンジを利用可能
  • 航空会社や搭乗クラスに関係なく利用可能
  • 空港ラウンジの利用以外にショッピングやスパ、飲食のサービスもある
  • ウェブサイトはこちら
  • 通常は、有料で会員になる必要があります(下記)が、クレジットカードに特典として付与されるものがある。

プライオリティパスが付与されるクレジットカード

クレジットカードの一覧です。

カード種類ラウンジアクセス特典カード年間手数料
Chase Sapphire Reserveカード保有者+2名のゲストが無料。それ以上は1人27ドル。450ドル
Citi Prestigeカード保有者+2名のゲストが無料。それ以上は1人27ドル。495ドル
Amex Platinum Cardカード保有者+2名のゲストが無料。それ以上は1人32ドル。550ドル
Amex Platinum Card (Business)カード保有者+2名のゲストが無料。それ以上は1人32ドル。595ドル
Hilton Honors American Express Aspire Cardカード保有者+2名のゲストが無料。それ以上は1人32ドル。450ドル
Marriott Bonvoy Brilliant American Express Cardカード保有者+2名のゲストが無料。それ以上は1人32ドル。450ドル
Hilton Honors American Express Surpass Card年間10回無料。それ以降は1訪問あたり32ドル。95ドル
Hilton Honors American Express Business Card年間10回無料。それ以降は1訪問あたり32ドル。95ドル

年会費が400ドル超のカードになると、無制限に同行者2名まで無料になります。

鹿氏
さすが、プレミアムなクレジットカード!!
馬之助
けど、この年会費のクレジットカードを作るのは結構、勇気がいるよなぁ。
鹿氏
表の下2つのカード、ヒルトン系の年会費有料のクレジットカードなら年10回と回数制限はあるものの、ラウンジを無料利用可能です。
馬之助
まのすけは、ヒルトンビジネスカードで10回分の無料券をゲットしました。このカードについてはレビュー記事をお読みください。
Hilton hornors business card

【クレカレビュー】Hilton Honors Business Card

2019-09-03

 

実際に使用してみた

12月のフロリダ州オーランドの家族旅行の帰りの便で使用しました。

馬之助
残念ながら行きのニューヨーク、ラガーディア空港にはラウンジの設定がありませんでした。

ラウンジの有無や場所はウェブサイトやアプリで簡単に探すことができます。

アプリの画面

①アプリを立ち上げると、クイック検索という欄があります。

②検索欄に、今回は「MCO(オーランドの空港コード)」を入力。該当の空港が出てきたので、クリックします。

③ターミナル選択画面で自分が登場するターミナルBを選択しラウンジをクリックします。

④The Club MCOというラウンジが出てきましたのでクリックします。

⑤ラウンジの説明が表示されます。

馬之助
まのすけ一家の場合、ポイントは子供がいても大丈夫そうか、子供の料金はどうなるかという一番知りたい点でそこがわかりやすく書かれていました。今回は2歳以上は優良だったので、まのすけ本人、妻、上の子供で無料券10回分のうち合計3回分を消費しました。

オーランド空港ターミナルBのラウンジ

実際のラウンジの様子を参考にどうぞ

コーヒーのベンディングマシーンでは、カプチーノやカフェラテも飲めます。

冷蔵庫にはコーラやスプライト、炭酸水のペリエがぎっしり詰まってました。

飲食しやすいエリア、ソファのエリア、仕事に適したデスクエリアがありました。

飲食コーナーには、サラダやパン、スープ、サンドイッチ、ドライフルーツやお菓子等が豊富に揃っていました。

馬之助
1人30ドル程度のお金を払ってまで使用しようとは思えませんが、クレジットカードの付帯ベネフィットで追加負担なく活用できるならお得感いっぱいです。ここでの食事が午後12時発の飛行機に乗る前のランチ代わりになったので、節約効果は高かったです。

 

鹿氏
お読みいただきありがとうございました。マイル関連情報は以下の目次から他の記事にもお進みください。

 

マイル・ポイントで生活を豊かに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です