【本帰国でやること③】キープする銀行、解約する銀行

本帰国でやること③「キープする銀行、解約する銀行」です。

本帰国の際、それまでに開設していた米国銀行口座をどのようにするか悩みますよね。本記事では、本気国にあたって、どの銀行を残し、どの銀行閉じたのか。キープする銀行の手続きはどうだったのか、紹介しています。

保有していた銀行口座

本帰国が決まった頃に保有していた銀行口座は以下でした。

【まのすけ本人】
Chase
Citizens Bank
Capitalone bank
Santander bank
Charles Schwab Checking(証券口座に付随して開設可能なもの)

【まのすけ妻】

TD Bank
Capitalone bank
Santander bank

【共有名義】
American Express Saving

キープする銀行口座の基準

残す銀行の基準については以下の4点でした。

  1. 米国外で継続使用可
  2. なるべく大手が好ましい
  3. 口座維持手数料が安い
  4. 使いやすい

1.について、日本にいても大抵の銀行はウェブを使えば継続利用が可能でしょうが、ここでは銀行の設定の住所を日本のものに変更できたりと、銀行側が公式に米国非居住者でも継続使用可能ですよと言ってくれる銀行を指します。

この基準で保有していた銀行を評価してみました。

基準①や②で大手メインとしたこともあり、Chase(まのすけ本人)とTD Bank(まのすけ妻)をキープすることに決めました。バンカメやWells Fargo等の大手は概ねに似たような評価になり、また大手なので安心感があるのではないでしょうか。大手の中でもChaseのユーザーインターフェースは他行よりも抜群に良いので、順当にChaseが残りました(昔こ、口座開設ボーナス狙いでバンカメやWells Fargoも使っていましたし、米国赴任して最初はCitibankを使っていました)。

TD Bankの使い勝手は少し米国大手行よりも劣りますが、Convenience Checking口座の場合、残高100ドル以上あれば口座維持手数料がかからない、というのがメリットです。大手行はChecking口座で残高を条件に手数料免除となるのは1500ドルというところが多いので、TD Bankの100ドルという条件は、余計なお金を寝かさずに済むというのはかなり有難いです。

Charles SchwabのChecking口座は証券口座とのセットですが、証券口座を非居住者向けのInternational Accountへ移管する手続きにおいて、Checking口座は自動的に閉じられるとの案内がされました。

また、American Express Savingはオンライン専業で預金金利の良い口座のため、キープしておきたいのですが、コールセンターに問い合わせたところ、「継続使用は可だが、設定住所は米国内のものに限る」との回答でした。税金に関して居住者と非居住者では取り扱いが変わるはずで、登録可能な住所が米国のみとなると、税金の取り扱いの面で不安が残ります。

キープする銀行での手続き

最後に、ChaseとTD Bankでの実際の手続きを紹介します。いずれも日本に帰国後、落ち着いてから手続きを行いました。

Chase

ウェブサイトの住所変更は、米国の住所しか入力できないので、Secure Messageで米国外に引っ越しした旨を伝えます。

すると、住所や電話番号を返信するよう指示がくるので、記載して返信。これだけです。

日本の住所や日本の携帯電話番号が登録されました。

TD Bank

Chaseと同様ウェブサイトのメニューでは米国外の住所への引っ越しは対応していないので、Secure Messageで問い合わせました。

住所を返信するようにと指示が来て、日本の住所を記載して返信。これで完了です。

ただ、Chaseと異なり、日本の電話番号を登録したい場合にはコールセンターに電話するようにとの指示でした。

馬之助
国際電話になってしまうのでまだ電話していません。

銀行口座の解約について

銀行口座を閉じる方法については、以下の記事で経験談をまとめていますので、参考にしてください。

アメリカの銀行口座の解約方法

2020-09-19

おまけ

米国に銀行口座をキープし米ドルを保有している場合、将来、日本への送金ということも出てきます。

日本の銀行へ日本円で戻したい、という場合にはWise (旧Transferwise)の送金サービスが簡単でコスト面でも優れています。

お得な海外送金サービスWiseに関しては、以下の記事をご覧下さい。

【海外在住者でも開設可能】Wise(ワイズ、旧Transferwise)で銀行よりもお得に海外送金

2019-11-15

 

マイル・ポイントで生活を豊かに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です