【本帰国でやること①】USPSは日本に郵便物を転送してくれる

お久しぶりです。まのすけです。

2021年3月に日本に本帰国してから、新生活でやることが忙しすぎてなかなか更新する余裕がありませんでした。ごめんなさい。

馬之助
子供が小さいと引っ越しの負担が大きすぎて、もう駐在も転勤もしたくなくなりました😢

当ブログの最後の大事な使命として残っている、本帰国の際の大事な情報をぼちぼち発信させていただきますので、どうぞ引き続きお読みいただけると嬉しいです。

今回はUSPSの引っ越しによる郵便物の転送サービスを紹介します。

USPS転送サービスとは?

引っ越しの際に、一定期間の間、前住所に送られる郵便物を自動的に登録した新住所に転送してくれるサービスです。

First Class, Priority, Priority Mail Express 12か月
Newspaper, Magazine 60日
Packages 12か月
Catalogs 転送なし
USPS Marketing Mail 転送なし

 

日本でも郵便局の転送サービスがあるので、転送サービスそのものは、珍しいものではないのですが、USPSは日本の住所宛でも転送してくれます

しかも、費用は無料です!

手続き方法

USPSの転送サービスはオンラインと紙の2種類がありますが、日本への転送に対応しているのは、紙だけです。

理由は単純で、オンラインフォームで入力しようとしても、ZIP CODEを入れる欄では日本の郵便番号は桁数が足りない等、フォーマットが日本の住所に対応していません。

その為、USPSで手続き用の紙を入手して手続きします。

この紙のマス目も日本の住所に合っていませんが、マス目はガン無視して、無理やり記入すればOKです。

提出方法は、「郵便局の窓口に提出する」or「ポストに投函」があります。

馬之助
まのすけは郵便局に再訪するのがめんどくさくなり、ポストに投函して済ませました。

実際の転送物

住所を黒塗りしてるのであまり意味はないですが、写真のように日本の住所に郵便物が転送されました。

相手方の手紙に書かれている日付に対して自分が受け取ったのは20日後くらいだったので、日本での受け取りにはそれなりに時間がかかりそうです。

日本から米住所を使用して銀行口座を申し込んだら、ちゃんと申し込み後の書類が入った手紙が日本住所に転送されました。

馬之助
もしかしたら、今後、米クレカを日本から申し込むかもしれないです。

マイル・ポイントで生活を豊かに!

5 件のコメント

  • こんにちわ。アメリカ駐在者ですが、そろそろ本帰国するので、いろいろと調べていて ”まのすけ”さんの、貴重なブログに行き当たりました。
    で、差し付け替えない範囲で教えていただきたいのですが、クレジットカードの更新時の受け取り方について、です。転送手続きをしても、1年すぎると効力が切れるようなので、それ以降はどのようにされているのでしょうか?
    さすがに、クレジットカード会社の住所を日本の住所に変更するとかは、できないんですよね・・・・?

    • あつ太郎さん、コメントありがとうございます。返事が遅くなりごめんなさい。

      日本住所は登録できないですね。
      例えば、日本のアメックスのサービスにシフトすると言われたら困るのでアメックスとは話していないです(アメックスのRewardポイントプログラムは日本のそれはアメリカに劣後するので)

      私自身は、カード期限の到来でカードとお別れしていいやというスタンスなので、更新でカード受け取れなくてもそれでいいやと思ってます。
      ただ、SNSの経験談を聞くと、チャットで今は日本に滞在しているから日本の住所に送ってと依頼するとChaseやアメックスは日本に送ってくれたという情報を目にしました。
      米人でも旅行や出張などで海外にしばらくいるなんてことはあるでしょうし、ありえないサービスではないようなと思いましたが、自分自身では試したことはないです。

  • こんにちは。わかりやすい説明ありがとうございます。一点不明な点がありました。自分で調べてみても分からなかったのですが、帰国して一年だった場合でも、一定金額支払うと転送サービスは利用可能なのでしょうか?米国内の転送サービスであれば1年経つと料金が発生する仕組みかと思いますが、日本への転送サービスでも全く同じシステムなのか気になるところです。もし知っていたら、ぜひ教えていただけると幸いです。

    • USPSのHPによると、6か月19.95ドル~で、延長サービスがあるようです。
      以下のQAコーナーに記載がありました。
      https://faq.usps.com/s/article/Extended-Mail-Forwarding

      やり方はウェブ上でやるみたいな記載でしたね。
      特に日本(米国外向け)の特記事項はないようでしたので、手続きしたら同様に転送は続けてもらえるのだと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です